FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
FC2 managemented
MiG-25 フォックスバット  (No.4)
2010-12-06 Mon 19:18
レベル 1/48  MiG-25 フォックスバット  (その4)

aMiG-25_197.jpg

機体の制作が面倒で小物を作ろうとは1%も思いもしなく全く手を付けてなかったが、そろそろ小物だ。
フォックスバットの脚、ぱっと見は行けるかなと思っていたのだが、いざ製作しようと細かく画像を見れば見るほど複雑に見えてくる・・・。ソ連機の脚、どうしてこうも複雑な形状なのか。どこの角度も微妙な角の曲がり方でとても面倒だわ。
模型の重量も増えてしまい、前回のフロッガーの時は中途半端な補強で最後まで強度の心配がぬぐい去れなく今でも経年変形の心配があるので、今回は真鍮線でしっかりと金属芯で中で一体化し補強してやってみる。あわよくば全部を真鍮細工でと思っていたが、この形状ではとても自分の技量では不可と判断。前回同様に芯の部分だけ金属線で補強、あとはプラで貼り合わせで。またしても真鍮細工は先送りだ・・。

位置決めが例によって全く面倒。 とはいっても実機の画像はたくさんあるので不明な部分は脚庫の奥の方ぐらい。
aMiG-25_199.jpg
左右のズレを気を付けながら中心の軸の制作。単純に芯を通せれば楽なのだが、途中のオレオの部分が細くなってる。いったん切り離し、強度が欲しいのでオレオ部にも金属芯を通し三角に曲げてやってみる。
aMiG-25_200.jpg

点付けの様になってしまいハンダでもポロッと取れそうで、基本軸の接合は彫金屋などにある接合強度が高い銀ロウを使った。
aMiG-25_203.jpg
あとはハンダで。強度は十分有りそうだ。
aMiG-25_206.jpg aMiG-25_208.jpg
キットのタイヤは少し直径が大きくトラックのタイヤのように角が出ていたが、代用品も無いしリューターで一皮削いでエッジを丸めてみる。ここまで大きいタイヤだと作業性も良く楽だ。
aMiG-25_207.jpg
機体姿勢が変わってしまうので脚柱の高さ決めを慎重に。装備や燃料満タンだと後ろが下がってデロ~ンとした感じに見え、やる気の無いフォックスバットに見えてしまうので模型的にやっぱり後ろを下げ過ぎないようなイメージで。加重が掛かると後ろに曲がるタイプなので前脚が出来てから後で調整出来るように遊びを残しておく。
aMiG-25_211.jpg
あとはプラで装飾。芯の金属を出来るだけ誤魔化して見えないように貼り付け。形状が分かりづらく中々似てくれないが・・。
aMiG-25_215.jpg
中心軸の形は大体こんなところか。さらにこれに管フレームが数本、細かい彫刻などしなければならないが、気分的にもう塗装時に先送りしたいわ・・・。
aMiG-25_218.jpg
辛抱強く、ひたすらプラを貼り付け・・・。
aMiG-25_225.jpg
黒瞬間と白いプラのコントラストで見えにくいので塗装してしまう。
画像を撮って大きくして見てしまうと汚いな・・・。肉眼で見る限りはもう十分そうだし、このままでもういいや。
aMiG-25_249.jpg aMiG-25_252.jpg
脚庫開口部と干渉したりでフレームが実機の様な取り付け位置で角度が出ていないが、今更脚庫の形状をいじる元気も無いので出来る範囲で。形状もかなり簡略した感じになってしまい、あと一粘りといきたいがもう疲れたわ・・。
aMiG-25_255.jpg aMiG-25_258.jpg

前脚も同じように製作。 組んでみると、部品のサイズがちょっとデカいか・・。製作でよくオーバーサイズになってしまうが何でだろうなあ。デカくした画像を見てるからなりやすいのか、単純に普通に俺の目が腐ってるのか・・・。気をつけてても失敗してしまい、感覚が難しい・・。
細かい部品をまだまだ着けなければならないが、触ってると壊れそうなのばかりであとは機体に取り付け時にでも製作することにしよう。脚庫内の支柱は付け根に向かって細くなるのが良いのだが強度的に心配でゴツい感じのままで。
aMiG-25_259.jpg aMiG-25_264.jpg
脚柱の製作、ゼロからの構築で時間を喰ったが懸案の強度の確保も大丈夫そうで、一安心。 あとで取り付け時の機体姿勢の微調整が心配だが、目処がつきなんとかクリアだ。
aMiG-25_275.jpg

エデュアルドのエッチングに前脚の扉はあるんだけど、厚みがある形状だからか主脚の方の扉は一部しか入っていない。キットパーツだとやはり縁の厚みなどエッチングパーツとギャップがあり、前後の脚部分を比較して見てしまうと違和感がありおかしく見えるので縁を削ってみるものの中々綺麗にいかない。
凹面が無く凸面だけなので、ダメ元で簡単にブルタックで固定してヒートプレスしてみたら、使えそうではないか。 結構なんとかなるものだ。 タミヤの0.3mmのでやったが、もっと薄いプラ板でも良かったかな。
aMiG-25_279.jpg aMiG-25_281.jpg
ガワさえ出来ればあとはチマチマと。中の構造材はピッタリ合うキットパーツ等を使って楽チンで。
aMiG-25_284.jpg aMiG-25_285.jpg
忠実に実機の様にはいかないが出来るだけ特徴的な形状を拾っていく。工作最後の方で扉同士の境目の分割ラインが一部曲線だったのに気づくが、もう手遅れってことで。
aMiG-25_288.jpg
前脚扉の形状は扉が5枚のと後半が一体になったのがあり、ミグ25PDでも両方あるようだ。5枚のタイプでも画像を見ると前脚のマッドガード部分の形状が2種類みられた。まだ特定の機体を考えて無く、とりあえず作るのは簡単そうな方に。(マーキングといっても機番の違いぐらいだが・・)
キットの前タイヤは直径が少し小さいのだが、こっちも中々代用品が無く、無理矢理そられしく見えるように現物合わせになってしまう。
バキューム道具と卓上旋盤が欲しくなってきたぞ・・・・。
aMiG-25_294.jpg aMiG-25_296.jpg


MiG-25のノズルは大きく分けて2種類有るようだ。PD・PU系の短いタイプとRB・BMの長いタイプ。何で違うんだろうと思うが、世傑等の書物を見ても記載が無く、R-15Bと改良強化されたR-15BDのエンジンの違いかと思ったがPDでも改良のエンジンが付いていると有るからそれでも無いようだ。作戦飛行高度の違いによるものなんだろうか。謎だ。
形状の違いは外側のノズルの長短だけでなく、長い方は内部がより複雑でノズルが3段に増え、後端にギザギザが付いていたりしてとても格好が良い。このギザギザも何で有るのだろう?偵察機だからB787の様に静寂性の追求なのかと思ったりするが素人が考えても分かる訳が無いな・・。なにか理由があるのだろう。 見ていて飽きない形状だ。
長いタイプを製作してみたかったがMiG-25PDなので今回は今一パッとしない短い方。
aMiG-25_277.jpg aMiG-25_276.jpg
ノズルも2段しかなく、エデュアルドのエッチングもこっちの形状。本来のレベルのキットに当然合わせて有るので直径が小さく少しアレンジして製作。
aMiG-25_298.jpg aMiG-25_299.jpg
左右で合体してる様に見えるノズル、特徴的なこの形状はもちろん変更。外周は平行になっていて、もうちょっとノズルを絞ってほしかったが、製作し直すと円周のアールを出すのが大変そうなのでこのままで。
キットのパーツはロケットのノズルの様に開いていて何故かと思っていたが、実機も同じように付け根より大きく開いた画像が有ったので納得。
aMiG-25_301.jpg
直径を変えてしまったので内側の板の数を合わせるためプラ板でも張ってみる。エッチング1枚でピラピラで寂しくボリューム感が無かったので丁度よかった。外周のモールドが一致しなく不自然になってしまうがしょうがないか。簡単な平行だったから金属板から作り直してしまった方が良かったかも。
aMiG-25_308.jpg aMiG-25_310.jpg
フォックスバットといえば、やはりこの巨大ノズル。それっぽいプラ小片をつけてデテールアップ。 トタン屋根の様な波板が入り口手前まで来てたりする機体があるが、上の猫画像のように左右で片方だけだったりとかあるので後付の補強板なのだろうか。
aMiG-25_312.jpg

我慢出来ずに塗装してしまう。エッチングの黒鉄色がリアルで良かったので外側だけ無塗装に。内側のノズルはもうちょっと開いていて欲しかったか。中心の仕切り板部分は機体に接着してからで。
aMiG-25_320.jpg aMiG-25_315.jpg
金属板を綺麗に丸くするのは困難だが、実機よりは丸くなったのでは(笑)。
実動機でも歪んだノズルや胴体との境目に大きな隙間があったりで、見てて大丈夫なんだろうかと心配になってしまう。

面倒なのが片づいた。


スポンサーサイト
別窓 | MiG-25 FOXBAT  | コメント:11 | トラックバック:0
FC2 managemented
| 模型ひこうき製作記 | MiG-25 フォックスバット  (No.3)>>
この記事のコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-07-15 Sun 04:12 | | #[ 内容変更]
あけましておめでとうございます。
ミグも完成にと思ってる次第ですが、正月気分が抜けませんね。 こちらこそ今年もよろしくお願い致します!
2011-01-05 Wed 19:44 | URL | masamasa #-[ 内容変更]
謹賀新年
あけましておめでとうございます。
今年もまた新たな超絶作品を拝見できると思うとワクワクします♪
お互いマイペースで頑張りましょう!
本年も何とぞよろしくお願い致します。
2011-01-05 Wed 01:20 | URL | Satoshi #r2wJOxCA[ 内容変更]
こんにちは!satoshiさん。 面倒そうな脚とエンジンノズルに目処がつき、ちょっとホッと一息しておる所でございます。
年末の慌ただしさで中々手が付きませんが来年初頭には出来上がるつもりでと。  まだ作業が一杯ありますが・・。
2010-12-21 Tue 20:40 | URL | masamasa #-[ 内容変更]
このノズル…ヤバイすぎませんか(笑)
ノズルフェチとしては悶絶しそうであります。
これは殆ど実機のままではありませぬか!
塗装も雰囲気満点…完璧ではないでしょうか。
完成後の後方からのショットが今から楽しみです♪
2010-12-20 Mon 21:46 | URL | Satoshi #r2wJOxCA[ 内容変更]
こんにちは、satoshiさん! フォックスバット、半分くらいまで来たでしょうか。市販パーツも無くて面倒な工作ばかりでモチベの維持が大変です。
このあたりをなんとか乗り切れば完成の2文字が見え始めてくるのですが、まだパイロン・ミサイルもあるし、出来れば増加タンクもと妄想してますが、どうした物ですかね・・・。
satoshiさんも一緒にミラージュ胴体下面の巨大増槽を是非一緒に作りませんか!(笑)
今年中にロールアウトはちょっと厳しいようです。 では。
2010-12-05 Sun 17:17 | URL | masamasa #-[ 内容変更]
ご無沙汰しておりました。
いやはや凄いです!もうお腹いっぱい(笑)
MiG-25の脚ってもっとシンプルなもんだと思っていましたが、とんでもないですね。
masamasaさんのようにスクラッチできたら楽しいんでしょうけど…自分には無理であります。
2010-12-04 Sat 19:04 | URL | Satoshi #r2wJOxCA[ 内容変更]
公試さん

公試さん、こんばんは!  脚周り、どうしようかと考えてましたが結局つぎはぎ作戦に落ち着きました・・・。(これしか出来ないw) 公試さんなら72でもやってしまうでしょうね。何かスカッと出来る方法が無いものでしょうか。公試さんのミグ25、見てみたいです。いつか是非ベレンコ機でも手をつけてください! 
2010-11-13 Sat 22:06 | URL | masamasa #-[ 内容変更]
orcaさん

orcaさん、こんばんは! 面倒な作業に入りました。レジンパーツでもあればと思いますが、このキットに有るわけ無いですよね(笑) フロッガーでもヘンテコな感じでしたがソ連の脚の設計者の気質というか何というかを感じておるところでございます。本当にモデラー泣かせですよね。。。
その分うまく出来れば見応えが出るので、なんとかあきらめずもう一粘りが出来ればと。(完成したら見えませんがw)
2010-11-13 Sat 21:53 | URL | masamasa #-[ 内容変更]
すごいですね! これは私には絶対むりです・・・  この複雑な足回りを見てしまうと、少年時代のベレンコ中尉の衝撃による「いつかはfoxbat」の思いも霧散してしまいそうです。
2010-11-13 Sat 19:49 | URL | 公試 #-[ 内容変更]
すさまじい精密加工に、ただ、唖然です!
フォックスバットのメインギア、複雑なのは理解していたつもりですが、形にするとこれほどすさまじいものなんですね。
ソビエト機はやはり不整地での運用をもくろんでの複雑さと、ごっつさなんでしょうか。
本当にmasamasaさんの制作記は勉強させていただいたおります。
2010-11-13 Sat 19:02 | URL | orca #r13xZNus[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 模型ひこうき製作記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。