FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
FC2 managemented
MiG-23 フロッガー (その5)
2009-10-22 Thu 22:19
エッシー1/48 MiG-23 フロッガ~ その5
aMIG-23_384.jpg

機体の方はあと作るのは細かい部品だけになったんで、外部兵装の準備。
位置決めで付けたり取ったりするだろうから、こっちも塗装前にやっておいた方がいいか。

キットのパイロンはどうしようも無く、プラ棒から。
aMIG-23_380.jpg
エバグリーンのプラ棒、こんな物はプラバンから切り出しや伸ばしランナーで十分で、金なんか出すかアホって思っていたんだが、使いだすとやっぱり便利だねw
切り口の直角出しとか部品加工の手間が省けるんでほんとに楽だ。爪が伸びてると部品に傷が付くくらい柔らかい素材で加工性は良好。 1袋は結構なお値段がするのだが、最近はすっかり贅沢?モデリングになってしまった。 唯でさえ遅い製作時間がこれで結構短縮されているはず。 0.5×2.0mmの棒が欲しいと思ったら、直ぐ隣にタミヤの0.5mmプラバンがゴッソリ有るのに、エバグリを買いに走る始末。 エバグリとプラストラクト、全種類を備蓄したくなってきた。  やばい。

パイロン、曲線があまり無いので簡単に行くかと考えていたのだが、結構手間取る。
胴体との位置決め、すり合わせも地味に大変。ミサイルレールは丁度良いサイズがあったんでコの字のを使って。 寸法は図面があるから割かし楽できた。 
aMIG-23_383.jpg
aMIG-23_387.jpg
2個ずつ作るのはやっぱり面倒だな。
aMIG-23_399.jpg

ミサイルなど部品がゴチャゴチャ付くと、胴体のモッサリが見えずらくなって都合がいいかも。
aMIG-23_403.jpg

胴体タンクはF-16の様に扁平型。円形のキットのパーツを削って中心にして、左右をプラバンを張って膨らまし、前後の部分は積層プラバンで作ってみるが、黒瞬間で裏打ち、穴埋めなど手間がかかる。 普通に全部分を積層プラバンから削った方が早くて正解だったか。
aMIG-23_379.jpg
でもまあ、なんとか形になる。 主翼タンクはちょっと直径が小さい様だが、あまり気にならないんでそのまま使おう。 そのまま使えたキット部品はコレだけじゃないだろうか。
主翼も可動するし、真鍮パイプを重ねて着脱可能にしてみる。差し込む方を少し潰せば程よいテンションで維持できるかとやってみるが、前後のパイプの平行性が微妙にズレて、そんなことしなくても程よいテンションに維持出来てしまった・・・。 後でゆるくなればその時少し潰せばいいか。
aMIG-23_406.jpg
aMIG-23_408.jpg

エデュのミサイルのエッチング、てっきりR-23×2発、R-60×4発セットだと思ってたんだが、R-60のほうも2発だったのね・・・。 ヒレが一杯付いてたから思いっきり勘違いしていた。折りたたんで使えと言う事だったのか。
せっかく連装ランチャー作ったから4発欲しい。 今からもう1セットエッチングを買おうと思うが注文してから届くまで、在庫が無ければまた暫く待たされそう。 2発だけ自作しても形がそれぞれ半端だし。
どうしたものかと考えるが、普通にプラバンから作ってみることにしよう。
後期型フロッガーなんで、どうせならR-23も止めて、改良版のR-24ミサイルの方が似合うか。
せっかくエッチングを買ったが今回は使わないで、そのうち中華キットから48で出るであろうMFを作る時にでも使おう。

まずはR-24の方から。 画像を探すも中々無いな。大きく写ってるのはウクライナの空軍博物館の機体の画像くらいしか見つからない。 データを探すと直径はR-23と同じ223mmなんで48スケールだと約4.65mm。 丁度良い丸棒なんて見つからない。 少し太いが4.8mmのエバグリ棒を使ってみる。
R-23とは真ん中の板の形状が違う程度かと思っていたが、全長が長くなってる、最後のヒレのバランスタブみたいなのが付いて無かったりと、結構違う。
ヒレの切り出しがめんどいなあ・・・。  好きでやってるつもりの模型だが、だんだん腹が立ってくるな。
aMIG-23_413.jpg
せっかく位置決め治具があるのに、エデュだと直径4.5mm指定なんで太くて入らねー。
aMIG-23_415.jpg
R-60は直径がぴったりの2.5mmの棒があるんで使えるが、ヒレの厚さが違うので真ん中に来ない。目安程度か。 
aMIG-23_419.jpg
こんなチマチマモデリングになるんなら、肝心の機体外形をしっかりやっとけば良かったなあと考え反省しつつ、しぶとくチマチマモデリング・・・・。
大戦機ばっかり作っていたからミサイルとか作るのはなんか感じが違うな。
aMIG-23_421.jpg
R-60ミサイル、航フ別冊No.62にアップ画像があるが、しかしエグい形だ。中々似てくれない。 一発だけならもう少し粘ってみるんだが、4発だと流石にゲンナリするな。 1発入魂で作ってレジンで複製してみるべきだったか。
aMIG-23_430.jpg
面倒だったが、とりあえずミサイルセット完成。 いつかF-105DにM117爆弾を16発満載して作りたいなんて思ってるけど、4発でゲンナリする程度だとまだまだ当分先の話だなあ。 
aMIG-23_432.jpg
連装ランチャーに付けると、ヒレが干渉する・・・。少しランチャー形状を調整。
aMIG-23_437.jpg
だんだんゴチャゴチャ感が出てきた。 ヒレの角度がビシッと直角に決まれば良いんだが中々そうは行かないな。
aMIG-23_440.jpg

あとは大きな部品の最後、チャフフレアディスペンサー。
aMIG-23_441.jpg
これも図面からサイズをトレース。 背面だと実機の画像が少ないな。形も数種類あるようだ。
それにしても、こんなの付けるとカッコ悪い。 ミグのラインがぶち壊れるな。
塗装も機体色と一緒なら目立たずまだ良いのだけど、何故かこれはグレーか銀色で、実機でも物凄く目立ってる機体が殆ど。 
aMIG-23_443.jpg

あとは塗装の準備。作業であちこちぶつけて傷だらけ。修正が面倒だ。











スポンサーサイト
別窓 | MiG-23MLD | コメント:4 | トラックバック:0
FC2 managemented
<<MiG-23 フロッガー (その6) | 模型ひこうき製作記 | MiG-23 フロッガー (その4)>>
この記事のコメント
こんばんは。 大戦機のノリでミグを始めましたが、48のジェット機はやはり大変だと感じます。資料画像が沢山見つかって見えなくて良いものも見えてしまいますね。
WW2の日本機ぐらいの資料が丁度いいのかも。
完成まで粘ります。
2009-10-26 Mon 21:44 | URL | masamasa #-[ 内容変更]
やりだすとやめられない
大戦機を丁寧に作っているなと、以前に拝見していましたが、突然MiG-23というのも面白いですね。
大戦機とは違って、翼にハードポイントが沢山あって、やりだすとやめられないことになってしまいそうですね。
完成を期待しています。 
2009-10-26 Mon 06:25 | URL | 博物館の館長 #-[ 内容変更]
こんばんは、雪風さん。 ご無沙汰しております。
すっかり放置してたミグ、製作で足掻いております。あともうひと踏ん張りなんで、何とかなるかな。 と、先が見えてきた所です。 こんな恐ろしいキットだとは思いませんでした。なんとか完成までやってみます。
2009-10-20 Tue 22:56 | URL | masamasa #-[ 内容変更]
http://neconairforce.blog79.fc2.com/
お久しぶりです。

あのエッシーのキットが、ここまで素晴らしくなるとは。
感動ものです。パイロンなどの出来映えも凄くて、脱帽です。
ほぼキットをそのまま作るだけの私からすると、これはほとんど『神の領域』。。。
完成を楽しみに待ってます。
2009-10-20 Tue 15:37 | URL | 雪風 #cKg/74mY[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 模型ひこうき製作記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。